低コストでマンションの大規模修繕工事をするなら|業者選びが重要

玩具のマンション

大規模修繕の発注方法

作業員

専門家による管理

マンションの大規模修繕工事を行う場合、その発注方法は主に2種類の形態があります。通常の場合、マンションの管理組合が発注することになりますが、素人の集団ですから、業者選定にあたっては慎重に行う必要があります。一般的に行われる発注方式は、設計管理方式と呼ばれる手法で、実際に大規模修繕工事を行う業者とは別の業者にマンションの現状の診断を依頼したり、工事現場の施工管理をお願いしたりします。設計管理の委託を受けた業者は、工事全体をコーディネイトすることになりますので、管理組合の負担は大きく減ることになります。設計管理と工事施工を別々の業者が行うことになれば、専門家同士が相互にチェックすることになりますので、安心して設計と施工を任せることができます。素人の目では、どのような設計が適切なのかわかりませんし、その設計通りに施工がなされているのか管理することも困難です。その点、設計管理を担う業者がすべてをチェックしてくれれば安心して施工を見守ることができるのです。もう一つの発注方式としては、責任施工方式と言って、施工業者にすべてを任せる方式です。設計管理方式だと期間が長めにかかりますが、すべてを一つの業者が行う方式であれば、スケジュール的に短い期間で実施することができます。また、設計管理方式の方が結果的に費用が抑制できる場合もありますが、専門家である設計管理会社の委託費用がかかることを頭に入れておくとよいでしょう。